長野県上田市でマウンテンバイク、ロードバイク、グラベルロードのツアーを企画、ガイドしています。

BLOG

最強最悪のロングライドイベント「The PEAKS」全コース試走!

c0326460_16290370

こんにちは!

スタッフとびまつです。
当ビジターセンターが開催協力させていただいている、巷で話題の「最強最悪のロングライドイベント」
The PEAKS
我々は当日運営スタッフになってしまうので、事前に一度は走っておかねば!と思っていたところ、
同じく開催協力の地元スポーツバイクショップ、ベレーニョさんから
「試走会をやりましょう!」
とのことで、走ってまいりました。
 
ただ当日はさておき、今はここ上田でも猛暑の日々。
なのでコースの半分程度、1,4,5の三つのPASSを越えるコースでとのこと。
しかし自分としてはどうしても全部を走っておきたい…
でなければ当日、はるばる上田まで足を延ばして苦しみに来て下さる参加者の皆さんに申し訳ない!
っということで、
少々早出をして1,2,3PASSを走り、途中の美ヶ原で合流することにしました。
実際は当日は終始霧と曇天の下という、走るには絶好の、景観はビミョーな(笑)一日だったのですが。
というわけで、実走レポートです。文字多めです。
c0326460_03195477
完走を目指される方の参考になればと時間を特に色付きで書いてみました。
ちなみに私の脚のほどは、富士ヒルクライムで言えばレースペース手前で淡々と上って1時間20分前後。
坂ありのロングを好むライダーとしては中の中から下、といったところでしょうか
参考にしていただければ幸いです。
 
まだ真っ暗な朝4時に上田市内の自宅を出て、スタート地点近辺の武石口を5時10分ごろに通過。
コンビニでトイレ&買い物。
入店したら外でタバコを吸っていたおじさんが後から入ってきて「いらっしゃいませ~」
こののんびりさがいいなあ(笑)
 
武石観光センターまでは10kmほど、真っ直ぐな登り。
先は長いので心拍を抑えつつ、ゆっくりと登る。すると後ろからロードバイクの方が。
今回の試走会には自分以外にもう一人、同じように前半を走って後半合流の方がいるらしいとのことだったので、
その方かなあと思いましたが、付いていくには序盤としては早いペース。
声をかけようかと迷っているうちに離れてしまいました。
 
6時に武石観光センターでさっきコンビニでしたばっかりなのにトイレへ。緊張しているのか?
c0326460_16043036
今回はスマホのアプリでGPSトレースしつつ携帯電話の電波がどこで圏外になるかのチェックをかねているので、アプリをON。
5分滞在でスタート。淡々と登って
7時5分頃にAS1美ヶ原レストハウス跡地へ。
 
ここでもアプリの設定とログを確認してウィンドブレーカーを着こみ、ジェルとエナジーバーを補給して下りへ。
このイベントの特徴として、「下ったところをまた上る」ということがあります。
なので、負荷が下がる下りの前に補給を食べておき、上る頃にしっかり体にエネルギーが回っているようにします。
滞在5分。美ヶ原からの下りは傾斜が急なので神経を使います。
「この坂を後で上るのか…」とちょっとワクワク、ちょっとゲンナリな感慨にふけりつつ和田宿への分岐を左折。
 
おそらくこの下りは一番すれ違いに気を遣うところでしょう。舗装も荒れており、道幅も狭く、
上り下り双方がキープレフトを徹底していないと危険です。
本番の仮想として右に膨らまないよう注意して下ります。
 
和田宿のAS2の予定地まであとちょっとというところで、スタート後に抜かされた方とすれ違い。
やっぱり同じコース。追いかければこちらも体が温まっているし追いつけるかも?ですが焦りは禁物。まだやっと1PASSなのです。
 
7時45分AS2和田宿到着。ブレーカーを脱ぎ、ここでも補給。
滞在5分。
 
ここからの2PASSはすれちがいさえ気を遣えば斜度も緩く日も差さず、楽しめる上りだと思います。
8時38分ビーナスラインへ戻り、来たほうではなく左へ。
AS3扉峠分岐の2PASSは8時43分通過。左へ曲がってアザレアライン(よもぎこば林道)で松本方面へ。
 
ここからの下りは、傾斜が急になるまでの5kmほどは数回の登り返しがあります。
道幅も広くスピードも乗って、踏める方ならギアをかけて踏み切ってしまいたいところですが、
ほどほどにしておきましょう。この後、The PEAKS最大の難所、3PASSに挑まねばならないのですから。
三城牧場を過ぎて左へ曲がると傾斜が急になります。
この日はここから濃霧!
もどかしく思いながら慎重にメリハリをつけて下ります。
 
AS4のそば処やまべには9時ちょうど。
当日のご協力もいただけるのでご挨拶できたらなどぼんやり考えていましたがまだ閉まっていました。
当たり前ですよね…。
 
下りきる100mほど前でやはりさっきの方とすれ違い。
完全に同じペースです(笑)
AS4では自販機があるので水をボトルに補給。
アミノ酸とミネラルのサプリとバーを口に入れ、ブレーカーを収納し、9時6分スタート。
ここまで、上りながら等でもジェルを食べ、合計で6本ほど消費しています。
 
この3PASSの登りは一本と考えると長すぎますし、最後にタレると思います。
3つに分けて考えて、足をついて小休止するくらいのつもりがいいかもしれません。
 
まずは三城牧場まで。ここは傾斜もそこそこあり、晴れれば灼熱となること間違いなし。
山道の風情や眺望もないのでひたすら我慢です。
 
9時50分ごろ三城牧場通過。
 
ここから山肌をトラバースしながらビーナスラインを目指します。
往路で登り返しがあったということは復路でもところどころ下りがあります。
脚を回して休めながら走りましょう。

10時10分扉峠分岐。ここからビーナスラインですが、5km近くは平坦から下り基調です。扉峠で休んでも良いですが、

最後のつづらの上りの取り付きまで脚を回しながら走ってしまったほうが良いかもしれません。
 
大きな橋を渡ったらそこからが3PASS最後の難所、平均斜度10%のつづら折れです。
10時25分ジェルを補給して最後のパートを上り始めます。ここまでもかなり上っているので、足の裏が痛くなります。
このために入れたコンパクトクランクの34Tに後ろはローギアの28が入りっぱなし。
途中、上を見上げるとひな人形の襟のように折り重なって崖にへばりついている道が見えます。
本当にここしか道作るとこ無かったのかよ?とか関係のない疑問が頭に浮かびます。現実逃避ですね(笑)
 
正面に分岐を見て左へ曲がったら3PASSです。
10時50分。ベレーニョさんのグループとの約束の11時に何とか間に合いました。
 
先行の方には追いつけずでしたが、すぐ後に道の駅のトイレのほうから走ってこられ、10時45頃についたとのこと。
ここまでペースが会うとちょっと妙な感じです。やっと挨拶を交わし、初めての中休止。
ベレーニョさんのメンバーも三々五々上ってこられ、先行組と合わせて総勢8名。
ここからはサポートカーもあるので小型ザックを預け、補給のパンを食べて、
11時10分頃に下りはじめ、AS5の武石観光センターには11時30分。
ここでトラブル発生!美ヶ原レストハウスのベンチにあろうことか携帯電話を忘れて、サポートカーに取りに行ってもらうことに。
c0326460_03250611
このバタバタで皆より出発が遅れて、11時45分頃に4PASSの武石峠へ上りはじめます。
悪いことは重なるもので、空腹感で力が出なくなってきました。ジェルを飲んでも力が戻ってこない…。
これはハンガーノックではありません。「シャリバテ」というやつ。
私の場合、ロングライドの途中でジェルやバー、パンのみでカロリー補給をしていると、
カロリー自体は足りているはずなのに体が言うことを聞かなくなってしまいます。
そう、「米」がないと走れなくなってしまうのです(笑)。
 
前半とは違い、今はサポートカーという心強い味方がいます。
しばらくヘロヘロと走っていると、後ろからサポートカーが。
c0326460_03220990
止まってもらっておにぎりか何か…と言うと、なんと!スティックパンしか買っていないとのこと!!
へたりこみそうになったところに、ベレーニョ店長の大鹿さんが自分用に買ってあったおにぎりを分けてくれました。
これで頑張れる…!
機械ならぬ人間の体とは不思議なもので、食べて2時間ほどはエネルギーにできないはずの
お米が胃袋に入った途端に元気になってしまったりします。
運動生理学的にはおかしな話なのですが、やはりメンタルが大きな部分を占めているスポーツなのだなと、
妙な感慨にふけりつつ、先行していたメンバーの半数ほどをパスして4PASSの武石峠へ。
この上りは、尾根に出て空が見え勾配が緩くなってからが長く、
いわゆる「ニセ峠」がたくさんあるので最後に油断して踏みすぎないように注意が必要です。
 
このあたりは携帯がなく、時間の記録がしっかり取れていないので曖昧ですが、
13時くらいにはなっていたでしょうか。
 
ブレーカーを着込んで下りへ。この下りはあまり危険なところはありませんが、
この日は霧で視界が悪く、あまり飛ばせません。
 
数人で固まって、13時30分頃にAS6の美鈴湖へ。ここで、当日エイドでお世話になるカフェピラータさんにご挨拶。
最後の上りに備えて初めての大休止を取ります。
携帯電話も、取りに行って下さったベレーニョ大鹿店長の奥様から受け取って一安心。
 
日替わりランチのチキントマトソース定食をいただいて、
15時10分、いよいよ最後の5PASS、武石峠へ向かいます。
 
ここは序盤が比較的きついのですが、全体を通して勾配の変化があり、リズムを崩さないように注意。
最後の上りということで、ペースの合う方と少し競るようにしながらペースを作って上ります。
最後は離されてしまいましたが、やはり上りはたまには競って走るのが楽しいもの。
c0326460_03254957
16時13分までと、一時間以上上っていた割には長さを感じずに、ついに5PASSを制覇。
この辺で雨がしっかりと降り始め、霧も深くなってきているので、後続を待たずに、10分ほどの小休止で
16時22分にダウンヒル開始。かなり強い雨の中を慎重に下り、
16時40分に武石観光センターへ。
本来のゴール地点である武石体育館へ下る予定でしたが、雨も強くなり、朝に自宅から余計に走ってきているのでここで切り上げてチームの方に送っていただきました。
 
 
距離:163.64 km

移動時間:9:00:30

経過時間:12:52:46

平均スピード:18.1 km/h
高度上昇量:5,111 m
カロリー:4,314 C
平均気温:14.5 °C
GARMIN EDGE810Jによる計測
 
自宅から自走の分、距離も標高も余計に走ってはいますが、なぜか控え目な数字ですね。
自宅からスタート地点まででも距離で15kmほど、標高差180m位は上っているはずでなので、
どこかでデータのエラーがあるのかもしれません。
 
コースのみの実走時間では8時間20分くらいでしょうか。
休憩を入れて10時間から10時間30分ほどあれば走れる計算です。
 
暑さが心配でしたがフタを開けてみれば走るには最も良い気候でした。
ただ、本番が雨の場合はブレーキシューの予備が必要かもしれませんね。
もちろん運営一同、快晴を願っておりますが!
 
ここまで読んで頂いた皆様、ありがとうございました!
参加される皆様の健闘、完走をお祈りしています‼
c0326460_03263646

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment